応用言語学のマスターが英語学習について真剣に語るブログ

TOEFL初受験時Listening 8点。もはや当てずっぽうで答えてもとれるような点しか出せなかった筆者が孤軍奮闘の末、イギリス大学院留学までたどり着けた英語学習方法を伝授、学術的な視点から考察する 「真剣に語学弱者のために英語勉強法について考える」ブログ。 関東地方某県の進学校で英語を教えること二年。応用言語学でマスター取得。

過去に掲載していた音楽に関する記事はこちら

みなさんこんにちは。Bくまです。


ご存知の方もいると思いますが、昨夜10時頃にロンドンの東ロンドン橋(London Bridge)で車が暴走したのち、近くの市場で人が刺されるというおぞましい事件がありました。

このブログを書いているのでとりあえず私は無事です。


実は私この事件現場のすぐ近くに住んでいて、ロンドン橋もその市場もよく通るところなのです。 

それこそタイミングが悪ければ私も巻き込まれていた可能性すらありました。

とりあえずどんな状況なのかご報告をしようかなと。



まず、この事件現場がすぐ近くということで、家の前の道路も現在立ち入り禁止になっております。

こんな感じでテープ張られてます。

CIMG3133


で、昨日は何をしてたかというと、郊外の醸造所にビール飲みに行って、その後みんなでベトナム料理を食べに行くという、いい休日を過ごしてました(笑)
天気もよくて最高だったのです。


ほどほどの時間に家に帰り、余韻に浸りながら、モンスター(笑)飲んでまったりしてたら、何だか外が騒がしいなというのは感じたのですが、そもそもロンドンブリッジ周辺の土曜の夜って酔っ払いが多くていつも騒がしいのです(笑)

だから、特に気にも留めてなかったのですが、なんか鉄の板をハンマーで何度も力強く叩くみたいな音がして(これしかも二度くらいありました)、昨日一緒にベトナム料理食べに行った人が昔家の近くで銃声聞いたという話を思い出し、まさか銃声とかじゃないよなあなんてまあのんきに考えておりました。

しかしながら、さすがになんか変だなと思ったらサイレンがめちゃくちゃ鳴り響いて次から次へと救急車、パトカーが


何だろうと思って、というのもすぐ目の前の道でなんかあったみたいなので、ちらっと様子見に行こうかなと思ったら、途中で警官に「今来た道をまっすぐ戻れ」といわれおとなしく引き返し、ただならぬ気配を感じながらも何が起こったのかわからずにいました。
途中であった通行人の人とどうしたんだろうという話になりましたが、その人もなんだかわかってなかったですね。


で、お部屋に戻って、BBCの速報を見てたら、どうもロンドンブリッジの上で車が人をはねたらしいということがわかったという感じでした。

それからラジオとかいろいろ聞いたりしてたのですが(うちにテレビがないので)、なかなか情報がでてこず、0時過ぎのニュースでようやく事件の全体像が見えてきたという感じでした。




で、朝を迎えたわけですが、未だに道路は通行止めかつ最寄りのロンドンブリッジ駅も閉鎖で、警察車両が行き来してる様子も見えますので、多分まだ現場検証してるんだと思います。

普段人通りも車通りも多いこの付近ですが、今朝は車の行き交う音はもちろん、話し声すら聞こえない、異様な静寂に包まれた朝となりました。


というわけで、さしあたり、自分は大丈夫なのですが、こんなに身近で事件が起こったことに驚きを隠せません。


とりわけ橋が今までずっと狙われているので橋を渡る時は十分注意したいなと思っています。


英語と全然関係ないですが、現状をレポートさせていただきました。


本日も最後までお読みくださりありがとうございました。






 

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. angel
    • 2017年06月04日 22:25
    • お昼に携帯の速報で知りました。無事で何よりでした。人混みが危険な世の中になるのはなんだかなあと思います。気をつけてくださいね。
    • 2. Bくま
    • 2017年06月05日 03:48
    • angelさん、お気遣いくださりありがとうございます。
      本当に今回は驚きでした。時間帯が違えば私も現場に居合わせていたのかと思うとぞっとします。
      一層警戒して過ごしたいなと思います。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット